【FACTSET】2023年S&P500は13%上昇すると業界アナリストは予想

スポンサーリンク
金融

FACTSETによると2023年のS&P500は13%上昇する予想

2022年12月12日発表のFACTSET(John Butters編集)によると、業界アナリストは1年後(2023年12月)のS&Pの終値が4,493.50になると予想した。
2022年12月8日の終値(3,963.51)を13.4%上回ることになる。

https://insight.factset.com/industry-analysts-predict-a-13-price-increase-for-sp-500-in-2023

セクター別上昇率が高いのは一般消費財(+27%)と通信(+25.2%)

セクター別では、ボトムアップ目標株価と終値の上値の差が最も大きい「消費者裁量」(+27.0%)と「通信サービス」(+25.2%)が最も大きな値上がりが予想されるセクター。

一方、「消費財」(+3.4%)、「素材」(+4.2%)、「公益」(+4.7%)は、ボトムアップの目標株価と終値の差が最も小さく、値上がりが最も小さいと予想される。


コメント

タイトルとURLをコピーしました